起業したばかりの会社でもお金を借りる方法がある

簡単に会社を起業できる時代になりました。しかし、会社経営で大切なのは起業してから資金をどう調達するかです。そこで、起業間もない会社がお金を借りる方法を考えてみます。

●プロパー融資は受けられない
会社がお金を借りる先といえば、銀行を真っ先に思い浮かべる方は多いでしょう。しかし、保証協会の保証が付かないプロパー融資を、起業したてで信用力がまだない会社が利用できる可能性はほぼないと考えられます。

●起業ローンを利用する
現実的なのは起業ローンです。起業ローンとは、開業資金として利用できる法人用のカードローンのことを言います。個人のカードローンのようにATMでキャッシングができるのが特徴で、一般的な法人ローンと比べて審査が複雑で厳しいということもありません。起業ローンの取り扱いは、銀行だけでなく消費者金融にもあります。ただし、消費者金融のビジネスローンは銀行に比べ金利が高いのが特徴です。常用すると会社の資金繰りを圧迫することにもなるので、必要な分だけ借りて早めに返済するか、金利が少しでも低い商品を選ぶなど注意してください。

●創業補助金も検討する
資金調達には銀行や消費者金融の融資以外の方法もあります。国や地方自治体の創業補助金なら起業に必要な資金の何%かを負担してくれるので、コンサルタント等の専門家に相談することも検討しましょう。